2020年02月27日

リタイヤ後は人生の付加価値

リタイヤ後は人生の付加価値

今後益々「リタイヤ後」のシニア層が増加します。

当記事では今望まれる商品・サービスは「付加価値重視」と書きます。

リタイヤ後間もない時期は変わる生活様式に伴い、先ず「本体性能」重視の選別を行ってきましたが少し季節が移り替わるに従い「付加価値重視」に選別の方向に変わってきたように思います。

この流れ購買感情からすればとても理解出来ます。

「必要十分な本体性能」のみでは「ワクワク感」が不足します。

「ワクワク感」のある商品を志向するのは「リタイヤ後」に沿うように思います。

現役時代は「本体性能重視」、リタイヤ後は「付加価値重視」。

「成熟社会」とはそういうもののように思います。

リタイヤ後を「不安の日々」から本体性能重視の「売り方」を考えるのは「シニアマーケット」当初良かったかも知れませんが、変わってきているように考えます。

「少し贅沢商品」の売れ行き好調にはそのような面があるように思います。

あらゆる商品・サービスを提供する側はストレートに「付加価値」という名の「ワクワク感」商品開発・企画・広告・宣伝・店舗開発訴求する必要があるように考えるのですが。

(今日の一枚)20160107下鶴馬氷川神社02_R.jpg
posted by 東武会 内藤行政書士事務所 at 05:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | 充実人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: