2020年03月31日

世帯支出

世帯支出

「世帯支出」が伸びないとの記事が目立ちます。

「世帯支出」が伸長しないと景気回復も本物ではないとの論調です。

当記事では「世帯支出」は伸びないのではないかと考えています。

先ず「世帯支出」は「二人以上の世帯」の家計支出とのことですので「小規模世帯」が消費の主役と考える当記事としては一番の主役世帯を除いた統計のように思います。

更に過去記事で書いた今の個人消費は「個人消費」と「個人による消費」に分けて考える必要があるように考えます。

裏側には女性の社会進出に伴いそれまでの「家計の財布」と「夫のおこずかい財布」から「妻の財布」「夫の財布」そして「家計の財布」に分化してきているように思います。

これが単独世帯であっても「自分の財布」と「家計の財布」に分かれているように見えます。

この分化した「世帯支出」の内「家計の財布」は「節約志向」ここを「マーケット」にするのは難しく、いわゆる伝統的な「世帯支出」は伸長しないのではないかと考えています。

今供給の側は「妻の財布」「夫の財布」「自分の財布」に訴求するような商品・サービスの企画・広告・宣伝考える必要があるように思うのですが。

(今日の一枚)
20170103行人坂(目黒区) (2)_R.jpg
posted by 東武会 内藤行政書士事務所 at 05:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | 中小企業経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: